スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UA千葉の仲間たち

こんにちは。

UA千葉「うまれる」実行委員会の行木(なめき)です。

今回の上映会開催を、一緒に企画・運営している実行委員の仲間と、
その繋がりについて、私自身の活動の経緯も含め、お話したいと思います。

私が2月に「うまれる」と出会い、上映会開催をやろうと決意出来たのは、
千葉で3年位前から、少しずつ繋がっていた

「千葉から日本を元気にしよう!」

という熱い想いを持った仲間がいたからでした。


私は、「美と健康で千葉を元気にしたい!」という想いから
地域の人達の繋がりを広げる為に、
3年前から【イーチバ!PARTY】という異業種交流会を開催してきました。

その時は、同じような熱い想いを持った人たちが、
きっと千葉のあちこちにいて、小さな種火が燻ぶっている筈だと
勝手に私の中で想像していたんです。

小さな種火が想いを継続して活動していくのは、相当なエネルギーが必要ですから
周りが気付かないうちに消えてしまっていることもあるんじゃないか・・・。

でも、小さな種火と種火が繋がっていけば、
大きな炎となって、消えることなく燃え続けられるのでは・・・。

そんな想いで、異業種交流会を毎月開催していたところ、
やはり千葉のあちこちで熱い想いを持って活動していた人達が
どんどん繋がっていきました。

そして、3年間の中で、

2010年5月には、自主上映映画『降りてゆく生き方』上映会、

2010年7月には、草場一壽さん著「いのちのまつり」を題材にしたイベント『命の授業』、

2010年11月には、『千葉ドリームプランプレゼンテーション2010』、

2011年11月には『1000人二人三脚ギネスに挑戦』

などなど、大きなイベントを皆で力を合わせて開催してきました。

でも、これは特別に一つの団体があるのではなく、
普段それぞれ各方面で活動をしている人達が、
いざという時に自然と集結して、力を合わせて成功させてきたんです!

なので、今回も今まで積み重ねてきた信頼関係から、
まず、スタートの基盤となる4人の仲間に声を掛けました。

NPO法人にこにこ稲毛代表であり、
市議会議員でもある山本直史さんは、
常に千葉から日本を元気にする為に「イイと思ったら即行動!!」の人で
一昨年の『降りてゆく生き方』上映会の主催もされました。

山本さん


一昨年に千葉ドリームプランプレゼンテーションという、
夢を沢山の人達の前でプレゼンするイベントを主催し、
今年も千葉ドリプラ2012を11月18日に企画している
千葉ドリプラ実行委員長の張本哲也さんは、
私に「うまれる」を観るキッカケをくれた人。

てっちゃん


そして、私がイーチバ!を開催し始めた時に会に参加してくださり
一昨年の『命の授業』のイベントの主催もされた
PROJECT121代表佐藤真一さん

しんちゃん


それから、一昨年の千葉ドリプラの時に、張本哲也さんからの紹介で
受付けのお手伝いしてくれたことから繋がって、
美と健康で千葉を元気にしたい!という私の想いに共感してくれ
一緒にイベントを開催したりしながら自身の夢に向かって突き進んでいる
アユスエン代表傳川乃理子さん

傳川


そして私、美と健康で千葉を元気にする@Beauty主宰行木佐衣子

さえ


この5人からスタートしたUA千葉「うまれる」実行委員会は、
これから「うまれる」上映会開催を通じて、
千葉から日本を元気にするための繋がりをもっともっと広げながら
一人でも多くの人達が、うまれてきたことに「ありがとう」と感じられるよう
活動していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!


最後に、私たちは、特別なスペシャリストではありません。

名も無き素人の集まりです。

でも、そんな素人たちでも、本気の想いで力を合わせれば
きっと大きな石も動かせるはず!!

ぜひ、一緒に上映会に向けて活動をしてくださる仲間を募集していますので
お気軽に御連絡下さい。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

UA千葉「うまれる」実行委員会では、ボランティアスタッフを募集しています。

上映会開催に向けて、お力を貸して頂ける方、
ぜひお気軽にお問合せ下さい。

UA千葉「うまれる」実行委員会(担当:なめき)
umareru.chiba@gmail.com
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。