スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9/8上映会】~生きるちから~蒼井 友理

皆さん、こんにちわ。

千葉市若葉区で心理カウンセラーをしています、蒼井友理と申します。


「うまれる」
そのフレーズを聴いた時、こころに思った事、
それは、今、この世界に生を受け産まれ生きている5人の我が子たち。


「うまれる」
そのフレーズはどこにも差別の線がなく、優しくて安心な気持ち。受容であり承認。
ただただ、今この世紀(とき)、宇宙がその命の誕生を決め、女性のお腹に命の芽を生え、そしてこの世に誕生するということ。


名前も性別も言葉も人種も関係ない。
選ばれし命、使命ある生命の誕生だ。
それが「うまれる」、、そう思う。



5人の我が子のうち2人は私のお腹から誕生はしていない。
でも、私が産んでいないから、そのかけがえのない2人が生まれてきてくれたのだ。
そして今を素晴らしく生きているんだ。


「うまれる」
すべて意味ある命、今を生きている命、ひとりも欠けることなく「うまれてくれてありがとう」



9月8日(日)映画「うまれる」の上映会には、
たくさんの子ども達が観に来てくれたらいいな~と思っている。
うまれるとは・・ 生きていくとは・・
  
『なんで俺いま生きてんの?』息子が言った。答えは自分で見つけるしかない。

だからこの映画「うまれる」がヒントになる。



大切な命について、
子どもはその情報を親や学校などから学ぶでしょう。

しかし、まだまだ不十分だったり、正しく伝わっていなかったり、
子ども達の現実社会の中では誹謗中傷が飛び交っています。

映画「うまれる」はそんな逆行に少しでも負けないこころを養えると感じています。

自分らしい答えに近づいたり、気付きをくれる、そんな映画だと思っています。

小さい子は、未来に役立つ潜在意識に入り、
思春期の子は、今すぐ使える顕在意識に作用してくれたらいいな・・。


感じ方次第で『生きるチカラになる』そんな風な思いで、私は母として、


映画「うまれる」をたくさんの人に観て頂きたいと感じています。



あおい心理カウンセリング
蒼井友理


9.8チラシ


うまれる裏 blog用
 



===================
映画『うまれる』上映会~生きるちから~
===================

【日時】 2013年9月8日(日)

 13:00~     受付開始  
 13:30~15:30 「うまれる」上映
 15:30~16:40 澤登和夫講演&コミュニケーションタイム


【会場】 千葉市美浜保健福祉センター4F大会議室
http://www.city.chiba.jp/mihama/hokenfukushi/koreishogai/mihamahokenfukusitop.html

【料金】 大人 前売り 1,000円 / 当日 1,200円
     高校生以下 500円 ※3歳以下の席不要のお子様は無料

【定員】 100名

【申込み】
http://uc0722.cart.fc2.com/

今回の上映会は、自殺対策キャンペーンの企画として開催します。
http://www.umareru.jp/suicide-prevention.html

映画『うまれる』上映の後に、うつ専門カウンセラー澤登和夫の講演会と
心理カウンセラーを交えたコミュニケーションタイムを予定しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。