スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/8【上映会】 ~生きる力~あみちえ

みなさん、はじめまして。

あみちえといいます。
千葉県内で誕生学アドバイザーとして命の授業をお届けしたり
性暴力被害者サポートの活動をしたりしています。

私が映画「うまれる」に出会ったのは2年前。
それからかれこれ10回以上映画を観ています。
ついには、今年の初めに船橋市で上映会を開催しました。

なぜ、こんなに映画「うまれる」は私を引きつけて離さないのでしょうか。

とても個人的なことですが、
私はある日突然、まさに今、自分の命が終わるかもしれない、、
という経験をしました。

それまで、生きたい!とか思ったことはなかったです。
ただ、なんとなく、生きていました。
うん、ただ、生きているから、生きてました。

でも、ある時突然、命の終わりを感じた時に
どうしようもなく、生きたいと、強く願いました。
どうにか生きて戻りたいと、それだけを考えました。

ありがたいことに、今こうして生きているのですが、
実は、生きることを選択してよかったのかと思うこともありました。

そんな私が生きることを選択してよかったと思ったのは
娘を出産した時、でした。

命がこの世に生まれてくるまでの軌跡と奇跡。
それを体感して、命の尊さというものを知りました。
そして、私はあの時「生きたい」と願ってよかったんだと。

初めて「うまれる」を観た時に、娘を生んだ時のあの気持ちと同じ思いがこみ上げてきました。

だから、私は「うまれる」から離れられないんです。
そしてぜひ、この映画をたくさんの方に観ていただきたいんです。

今、生きていること、その素晴らしさ。
あなたの命、今、生きているということ、それだけで奇跡。

だから、そんなかっこよく生きなくていいや。
泣きたい時に泣いて、笑いたい時に笑えばいいじゃん。
と思ったりします。

とはいえ、やっぱり辛くなったり、きつくなったりすることがあります。

そんな時に、映画「うまれる」をまた観るんですね。
だから映画を観すぎて、映画に出てくるみなさんが自分の知り合いかと勘違いするほどです(笑)

多くの方にこの映画に出会っていただき、自分の命や大切な人の命が、愛おしく感じるきっかけになったらなと思います。

今回は私の大好きなうつ専門カウンセラー’さわとん’こと澤登和夫さんの講演会まで、あります。
さわとんさんに会ったら、幸せな気持ちになること間違いなし!

上映会まであと3日!!
ぜひ皆さん、お友達をお誘いあわせの上、いらしてくださいー!

あみちえ
http://ameblo.jp/maisondeamitie/


===================
映画『うまれる』上映会~生きるちから~
===================

【日時】 2013年9月8日(日)

 13:00~     受付開始  
 13:30~15:30 「うまれる」上映
 15:30~16:40 澤登和夫講演&コミュニケーションタイム


【会場】 千葉市美浜保健福祉センター4F大会議室
http://www.city.chiba.jp/mihama/hokenfukushi/koreishogai/mihamahokenfukusitop.html

【料金】 大人 前売り 1,000円 / 当日 1,200円
     高校生以下 500円 ※3歳以下の席不要のお子様は無料

【定員】 100名

【申込み】
http://uc0722.cart.fc2.com/
今回の上映会は、自殺対策キャンペーンの企画として開催します。
http://www.umareru.jp/suicide-prevention.html
映画『うまれる』上映の後に、うつ専門カウンセラー澤登和夫の講演会と
心理カウンセラーを交えたコミュニケーションタイムを予定しています。

【澤登和夫プロフィール】
サラリーマン時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度の
うつ生活を送る。心身ともに乗り超えた後、「以前の自分のような人の力になりたい」と
カウンセラーの道を歩み始め、人生をやめたいと思う人たちと向き合い何ができるか
一緒に考え活動している。著書:「人生をやめたいと思ったとき読む本」(東洋経済新報社),
「ありがトン」(サンマーク出版),「自殺者3万人を救え!-“命”みんなで守る社会戦略」
(NHK出版:共著)   
ブログ http://ameblo.jp/sawaton/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。