スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラシ協力店~千葉寺・蘇我~

5月24日(日)の『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会に向けて
地域のお店などでチラシ設置のご協力をして頂き、本当に感謝です

今回、上映会を一緒にお手伝いしてくれている
あおい心理カウンセリング蒼井友理ちゃんが
会場となる男女共同参画センター(ハーモニープラザ内)の周辺の
お店にチラシの協力をお願いしてきてくれました


◆ hair in ASK Luce(ヘア・イン・アスク・ルーチェ)
http://www.ask-luce.com/index.php

チラシ協力店7

◆シャトレーゼ千葉寺店
https://www.chateraise.co.jp/shop/detail.php?shop_id=614321

チラシ協力店8

◆コミュニティカフェPECO
http://peco.tsunagutori.com/

◆セブンイレブン千葉寺駅前店


一人でも多く人に観て欲しい映画なので、
チラシも一人でも多くの人に届きますように

お申込み&詳細はこちら
↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/276115/

『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会やります!!

ずっとブログを更新していませんでしたが、
その間も『うまれる』上映会を開催しながら
コツコツと『うまれる』を伝え続けていました

そして、このたびシリーズ2作目
『うまれる ずっと、いっしょ。』
上映会を開催することになりました
 
524チラシ1


『うまれる ずっと、いっしょ。』上映会&豪田監督講演会

【日時】 2015年5月24日(日) 
  12:00~受付
  12:30~映画上映
  15:00~豪田トモ監督講演
  16:30 終了

【場所】 千葉市男女共同参画センター イベントホール
      千葉市中央区千葉寺町1208-2 千葉市ハーモニープラザ内
      http://www.chp.or.jp/danjo/access/access.html
    ※施設内は駐車場が少ない為、なるべく公共の交通手段をお使いください。

【料金】 一般前売り:1,500円(当日:1,800円)
     4歳以上18歳未満:500円
     4歳未満:無料

 ※事前に振込をお願いしております。
  振込確認ができましたら、受付完了といたします。

【託児】 託児あり (別途 500円)
      事前申し込み必須。

申込みはこちら
 ↓↓↓
http://kokucheese.com/event/index/276115/

上映会を終えて。。。

映画『うまれる』上映会~生きるちから~

本日、沢山の人達の力をお借りして、無事終了致しました

貴重な時間を費やし『うまれる』を観に来てくださった100名近い皆さま、

スタッフとして参加してくださった皆さま、

本当にありがとうございました


今回の上映会は、自殺対策企画ということで、

普段の上映会よりも、少し重いテーマを

『うまれる』を通じてどのように伝えられるのか、

企画にとても悩みました。


でも、さわトンこと澤登和夫さんの講演と合わせ、

皆さんと一緒に“命”について、

“生きる”ということについて考えることで

未来に繋がる貴重な上映会となったかと思います。


私は、昨年2月に『うまれる』に出会ってから、

数え切れないくらい何度も『うまれる』を観ていますが

観る時にの状況によって、考えさせられることや、感じるポイントが変わるので

何度観ても涙してしまう。。。


この映画は自分自身と向き合うキッカケをくれる映画なんですよね。

なので、今回初めて『うまれる』を観た人は、

また別の機会に『うまれる』を観てみてください。

きっと改めていろんな想いが溢れてくることでしょう。。。


正直、今日の上映会は急なタイムテーブルの変更があった為

最後に伝えたかったことがきちんと伝えられず

若干不完全燃焼なところもありましたが、

それはそれで、今回の上映会だからこそだったんでしょうね(汗)


また改めて、いつか伝えられる機会があればと思います(*^^*)


ちなみに、今後も別の主催者さま達が千葉県各地で上映会を予定しています。

9/17(火) 八千代市アースメイト上映会

 23(月・祝)千葉市稲毛区穴川コミュニティーセンター

10/6(日) 蘇我勤労市民プラザ

  19(土) 柏市アミュゼ柏

11/30(土) 四街道市上映会


是非、周りの大切な人に『うまれる』を伝えてあげてください


一人でも多くの方のキッカケとなりますように。。。


2013-09-08_22_15_43.jpg


☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ 

UAプロジェクトin千葉
行木佐衣子
umareru.chiba@gmail.com

映画『うまれる』を千葉で広げよう!FBページ
http://www.facebook.com/umareruchiba

【9/8上映会】いよいよ本日開催です!

いよいよ今日となりました

UA(うまれてありがとう)プロジェクトの行木です

今回の上映会は、豪田監督の自殺対策への想いを
『うまれる』に重ねたキャンペーンに賛同した企画での開催の為、
いつもの上映会とは少し違った視点から何かを感じて貰えるのではないかと
今日まで準備を進めてきました。
http://www.umareru.jp/suicide-prevention.html


昨年7月に初めて『うまれる』上映会を開催してから
主催だけでなく、共催をしたり、他の上映会のお手伝いをさせて頂いたり、
自分も上映会を開催したいという方からの相談にのらせて頂いたり、
いろんな形で『うまれる』に関わらせていますが
どうしてここまで『うまれる』がライフワークになっているのか。。。

想いを語ると、きっと映画の時間(104分)くらいは
必要になっちゃうかもしれません(笑)

今回の上映会の準備を進める間にも
自分の家族のことで大きな問題が私のもとにやってきて
いろんな事を改めて考えさせられました。

そして、私は『うまれる』上映会を開催することで
自分自身が生きていく道について考え、学ばせて貰っているということを
つくづく感じました。

上映会を通じて広がっていく素敵なご縁に
私自身が大きく支えて貰っているんです。

だから、今回も上映会に関わらせて頂き、
参加者の皆さまや協力してくださった皆さまには
本当に感謝の想いでいっぱいです。

昔、あんなに生きることが苦しくて仕方がなかった自分が
今は幸せを感じることばかりの毎日。

10年前の自分には想像もつかなかった今。。。

こんなに人生観て変わるんですね(笑)

どんなに涙することがあっても、
こんなに幸せを感じられているのは
ご縁させて頂いている皆さんのおかげ。

本当にありがとうございます!!

幸せも、喜びも、自分の想いひとつ

是非、映画『うまれる』を通じて、
自分が生まれてきたことについて、生きることについて、
一緒に考えてみませんか?

当日券もまだ余裕がありますので
直前に気が向いた方も、お気軽にお越し下さい(*^^*)

会場にてお待ちしております

9.8チラシ



==================================
映画『うまれる』上映会~生きるちから~
==================================

【日時】 2013年9月8日(日)

 13:00~     受付開始  
 13:30~15:30 「うまれる」上映
 15:30~16:40 澤登和夫講演&コミュニケーションタイム


【会場】 千葉市美浜保健福祉センター4F大会議室
http://www.city.chiba.jp/mihama/hokenfukushi/koreishogai/mihamahokenfukusitop.html

【料金】 大人 前売り 1,000円 / 当日 1,200円
     高校生以下 500円 ※3歳以下の席不要のお子様は無料

【定員】 100名

【申込み】
http://uc0722.cart.fc2.com/

今回の上映会は、自殺対策キャンペーンの企画として開催します。
http://www.umareru.jp/suicide-prevention.html

映画『うまれる』上映の後に、うつ専門カウンセラー澤登和夫の講演会と
心理カウンセラーを交えたコミュニケーションタイムを予定しています。

【澤登和夫プロフィール】
サラリーマン時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度の
うつ生活を送る。心身ともに乗り超えた後、「以前の自分のような人の力になりたい」と
カウンセラーの道を歩み始め、人生をやめたいと思う人たちと向き合い何ができるか
一緒に考え活動している。著書:「人生をやめたいと思ったとき読む本」(東洋経済新報社),
「ありがトン」(サンマーク出版),「自殺者3万人を救え!-“命”みんなで守る社会戦略」
(NHK出版:共著)   
ブログ http://ameblo.jp/sawaton/


----------------------------------------------------------------------

UAプロジェクトでは、映画『うまれる』を一人でも多くの人たちに伝える為に
一緒に活動をしてくれる仲間を募集しています!!

当日のボランティアスタッフや、事前の宣伝活動など、
自分の出来る範囲で構いませんので、ぜひ力を貸して頂けたらと思います。

興味がある方は、お気軽にメールください(*^^*)

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ 

UAプロジェクトin千葉
行木佐衣子
umareru.chiba@gmail.com

映画『うまれる』を千葉で広げよう!FBページ
http://www.facebook.com/umareruchiba

9/8【上映会】 ~生きる力~あみちえ

みなさん、はじめまして。

あみちえといいます。
千葉県内で誕生学アドバイザーとして命の授業をお届けしたり
性暴力被害者サポートの活動をしたりしています。

私が映画「うまれる」に出会ったのは2年前。
それからかれこれ10回以上映画を観ています。
ついには、今年の初めに船橋市で上映会を開催しました。

なぜ、こんなに映画「うまれる」は私を引きつけて離さないのでしょうか。

とても個人的なことですが、
私はある日突然、まさに今、自分の命が終わるかもしれない、、
という経験をしました。

それまで、生きたい!とか思ったことはなかったです。
ただ、なんとなく、生きていました。
うん、ただ、生きているから、生きてました。

でも、ある時突然、命の終わりを感じた時に
どうしようもなく、生きたいと、強く願いました。
どうにか生きて戻りたいと、それだけを考えました。

ありがたいことに、今こうして生きているのですが、
実は、生きることを選択してよかったのかと思うこともありました。

そんな私が生きることを選択してよかったと思ったのは
娘を出産した時、でした。

命がこの世に生まれてくるまでの軌跡と奇跡。
それを体感して、命の尊さというものを知りました。
そして、私はあの時「生きたい」と願ってよかったんだと。

初めて「うまれる」を観た時に、娘を生んだ時のあの気持ちと同じ思いがこみ上げてきました。

だから、私は「うまれる」から離れられないんです。
そしてぜひ、この映画をたくさんの方に観ていただきたいんです。

今、生きていること、その素晴らしさ。
あなたの命、今、生きているということ、それだけで奇跡。

だから、そんなかっこよく生きなくていいや。
泣きたい時に泣いて、笑いたい時に笑えばいいじゃん。
と思ったりします。

とはいえ、やっぱり辛くなったり、きつくなったりすることがあります。

そんな時に、映画「うまれる」をまた観るんですね。
だから映画を観すぎて、映画に出てくるみなさんが自分の知り合いかと勘違いするほどです(笑)

多くの方にこの映画に出会っていただき、自分の命や大切な人の命が、愛おしく感じるきっかけになったらなと思います。

今回は私の大好きなうつ専門カウンセラー’さわとん’こと澤登和夫さんの講演会まで、あります。
さわとんさんに会ったら、幸せな気持ちになること間違いなし!

上映会まであと3日!!
ぜひ皆さん、お友達をお誘いあわせの上、いらしてくださいー!

あみちえ
http://ameblo.jp/maisondeamitie/


===================
映画『うまれる』上映会~生きるちから~
===================

【日時】 2013年9月8日(日)

 13:00~     受付開始  
 13:30~15:30 「うまれる」上映
 15:30~16:40 澤登和夫講演&コミュニケーションタイム


【会場】 千葉市美浜保健福祉センター4F大会議室
http://www.city.chiba.jp/mihama/hokenfukushi/koreishogai/mihamahokenfukusitop.html

【料金】 大人 前売り 1,000円 / 当日 1,200円
     高校生以下 500円 ※3歳以下の席不要のお子様は無料

【定員】 100名

【申込み】
http://uc0722.cart.fc2.com/
今回の上映会は、自殺対策キャンペーンの企画として開催します。
http://www.umareru.jp/suicide-prevention.html
映画『うまれる』上映の後に、うつ専門カウンセラー澤登和夫の講演会と
心理カウンセラーを交えたコミュニケーションタイムを予定しています。

【澤登和夫プロフィール】
サラリーマン時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度の
うつ生活を送る。心身ともに乗り超えた後、「以前の自分のような人の力になりたい」と
カウンセラーの道を歩み始め、人生をやめたいと思う人たちと向き合い何ができるか
一緒に考え活動している。著書:「人生をやめたいと思ったとき読む本」(東洋経済新報社),
「ありがトン」(サンマーク出版),「自殺者3万人を救え!-“命”みんなで守る社会戦略」
(NHK出版:共著)   
ブログ http://ameblo.jp/sawaton/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。